もりりんの子育て日記


by powerfulmoririn

歌舞伎

なぜだろう? いつから?

う~ん・・・よくわからないが、
次女は歌舞伎が好き。
しかもお亡くなりなった「勘三郎さん」が好き。
「でも、勘九郎も七之助も好きだよ。」とも言う。
たしかに素敵だよねぇ(*^_^*)

昨夜、0時過ぎまで夜更かしをした。
録画していた、昨年の「吉例顔見世大歌舞伎」を見るというのだ。
ついつい私も付き合って観てしまった。
まずは「寿曾我対面」
曽我兄弟が父の敵と対面する話。
b0233838_218927.jpg

お次は、「仮名手本忠臣蔵」
11段目まであるお話は、3段目で「松の廊下」、11段目で「討ち入り」
その間の段には、いろいろなエピソードが描かれている。
次女は、6段目の「勘平腹切りの場」が観たかったそうだ。
b0233838_227113.jpg

そして、観終わったら納得して寝た。
(母は途中でウトウトしたが・・・(-_-;))

歌舞伎の演目ガイドを図書館で借りてあげたら、
同じものを買ってくれとねだられたのが先々月のはなし。
その本の観たい演目に付箋を貼って毎日のように眺めている。
b0233838_2511070.jpg

以下、付箋のページ。

「義経千本桜」
たぶん、平知盛が碇を体に巻き付け、海に身を投げるシーンが観たいのだ。

「東海道四谷怪談」
江戸東京博物館で、お岩さんが化けて出るシーンのからくりを知ったので。

「野田版研辰の討たれ」
楽しそうな野田秀樹さんの演出をテレビで見たから。

「暫」
なんといっても豪華な舞台。 先日、東京に行った際、浅草寺にある九代目市川團十郎の
暫の像を悪天候のため見てこられなかったのを根に持っているらしい。

「助六由縁江戸桜」
助六が好きらしい。

「お母さん、お願いだから小学生のうちに歌舞伎に連れて行ってね!(*^▽^*)」
そんなに楽しそうな顔でお願いされたら、
「じゃあ行こうか!」と言ってしまうじゃないか。
もう、次のマイルの使い道・・・決まっちゃったなぁ(-_-;)

忠臣蔵のお話が好きな長女は「泉岳寺」に行きたがっていたし、ちょうど良いかもね。
5月、明治座では、「花形歌舞伎」が上演される!
b0233838_321317.jpg

あ~素敵な顔ぶれ(#^^#)
でも、まだマイルはない(-_-;)

来年あたり、行けるといいな(*^_^*)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-04-29 03:05 | 考える