もりりんの子育て日記


by powerfulmoririn

職人展

研修ついでに、先日頼んでおいた夫のスーツを取りにデパートに寄ってきた。
でも、催事場で「職人展」が開催されていて、ついついそちらの階へ・・・。

まず、千葉の竹細工「東和」のお店で足が止まる。
母からもらった60年前の籠とほぼ同じものが並んでいた。
新品は白っぽくてキレイ。使い込んで味が出てくるんだろう。
おにぎりが二つ入るくらいの大きさの籠が、8000円以上する。
私はいいものを譲り受けたな~と改めて思った。
こちらは、うちにある籠。 お香入れになっています。
b0233838_882424.jpg


次は、染織物 東京「田房染織」
大島紬・・・・素晴らしい(*^_^*)
呉服屋で買うより、織元で買うほうが安いのだろうが・・・でもお高い。
触ると手が放したくないと言っているみたいだ。
だから、いつも触っていられるものを買おう!と思い、
扇子の袋を買ってきた(^O^) 

次は、下駄の「国松屋」 静岡
たたみ表に側面は鎌倉彫の粋な下駄が並んでいる。
あ~欲しいっ(>_<) 去年まで履いていた下駄はかかとが割れてしまったし。
でも、スーツの支払いが・・・・
と、あきらめる・・・来年にしよう(T_T)

次は桐工芸 浅草「箱長」
素晴らしい桐の箪笥にため息が・・・
これに着物をしまいたいなぁ(*^^*)
箪笥は買えないが、まな板なら・・(笑)
かわいいまた板に一目ぼれ(*^▽^*) 
ゴムの木、檜、イチョウ、ヒバといろいろとあるが、
うちで今使っているのはゴムの木。 
どっしりし過ぎていて、もう少し軽くて小さいのも欲しかったから
桐は軽くて扱いやすくちょうどいい♪
b0233838_885384.jpg


あっ・・子供にお土産買っていないや!
大阪 「龍昇」 べっ甲飴屋さん
立派な飴細工もあったけれど、ベーシックな丸型を購入。
うまく舐めていると、丸い部分に穴が開く仕組み。
b0233838_892122.jpg

帰ってきてからみんなで ぺろぺろ ペロペロ・・・・
美味しいなぁ♪ 最近のお祭りで売られているべっ甲とは全然ちがう。
何とも言えない、本当のべっ甲飴の味。

まだまだ使いたいものはたくさんある。
向島「めうがや」の足袋 
浅草「はねだ」の組み紐
大好きな浅草「ふじや」のてぬぐいも来ていた。
年齢と共に、一つ一つ、身の丈に合ったものを揃えていこう。

使い捨ての時代はとうに過ぎ、
職人の心のこもったものを、長く、長く使える生活がしたいと心から思う。

だから私は着物で生活したいんだな。
おばあちゃんたちからいただいた昔の着物を直して、着て、
そして、また伝える。 
昔から使っているものは、やはりいいものだもの。
それが日本人の生き方だったはずよねぇ(*^_^*)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-07-11 08:11 | 出かける