もりりんの子育て日記


by powerfulmoririn

文化祭

長女の学校の文化祭に行ってきた。

中高一貫となると、さすがに後期生は大人っぽく
6回生にもなれば、生徒?先生?どっちなの~なんて子もいたりする。

そんな中で行われる文化祭は、勢いもあり真剣さもすごいものだった。

合唱コンクールは、生徒全員が「合唱部ですか?」と聞きたくなる。
なるほど、口の開け方、発声練習は合唱部が最初に指導してくれるそうだ。
何通りかある制服を、それぞれのクラスで揃えて着用し、見た目も良い。
審査員は地域の声楽家さんを招いて、コンピュータを使って結果が出されるらしい。

そして、娘が所属する演劇部の公演。
これがまた凄かった。
チェコの郊外テレジンで起きたナチスドイツの強制収容所でのお話。
終了後は、涙を流す方も多かった。
まだセリフが3つしかなかった娘だが、歌って踊って、力いっぱい演じていた。
部活に入ってたった2か月、 ここまで行けるものか・・と正直驚いた。
それだけ、先輩たちの指導も素晴らしいのだろう。
毎日、くたくたになって制服のまま眠っていた理由がわかった。

携帯電話でのトラブルや、人間関係に悩み、二日ほど学校を休んだ時があった。
ちょっと鬱っぽくなっている様子で、細かいことを気にして毎日泣いていた。
小学校時代に一度も言ったことのない
「学校、行きたくない・・・」という言葉を、何度も聞いた。

でも、この文化祭で乗り越えたらしい。
仲間と共に開演前の緊張で泣き、終わった後は達成感で泣き、
引退する6回生の言葉に泣いて、
とにかく、泣いて 泣いて 過ぎたこの一学期。
ぐんと成長した長女の6年間のスタートは、順調とは言えなかったが
確実に、今後の基礎固めにはなっただろう。

子供が大きくなればなっただけ、親の悩みも大きくなる。
しんどい毎日だけど、親も一緒に成長です(*^_^*)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-07-16 08:14 | 出かける