もりりんの子育て日記


by powerfulmoririn

カテゴリ:感謝する( 37 )

もうひとりのお母さん

私の父は大正生まれ 
生きていれば92歳
満州からの引揚げ者

私が生まれたとき
2歳年下の奥さんがいた
「20歳くらい歳の離れた私の兄や姉」
のお母さんである

彼女は今年90歳
粋なきもの姿がとても素敵な女性で
麻雀を趣味に元気に生きている
美人で、快活で、外に出るのが大好きな人だ

私の母は、父とその前妻さんの家のお手伝いさんだった
私は、父とお手伝いさんとの間に生まれた
その後、離婚が成立し
彼女と私の母は、「前妻」と「後妻」 となったわけだ

そんな出生の秘密を、私は小さいころから普通に聞かされ
なんにも悩むことなく生きてきた
なぜなら、兄も、姉も、
そして前妻さんも、
私をすごく可愛がってくれたから
ずっと付き合いは続いているし、
父が亡くなってからも
「前妻」「後妻」「姉」「私」、4人できものを着て
たっぷりおしゃれして、
写真館で記念写真を撮ったりもした
私は、ずっと前妻さんのことも
「お母さん」と呼んでいる

前妻さんは半年に一回くらい、ふと私を思い出し電話をくれる
洗濯物をたたんでいた週末、その電話は鳴った
「久しぶり、元気だった?」 「変わりない?」 なんて、
いつものように話していたら、今日は用事があって電話したという
それは、「形見分け」の話だった

「上質な縮緬の白生地反物があるんだけど、それをおまえさんにと思ってさ
良い色に染めて、紋付きで仕立てなさい」
「そうそう、大島紬もね、ひとつあんたのサイズに直すね」
「私も90だからねぇ いつ何があるかわからない
春までに着れるようにしてやりたいねぇ」

なさぬ仲の私に・・・なんてありがたい話だろう

以前、親戚のおばあちゃんの言葉として紹介した
「動きなさい、やってみなけりゃわからない!」は
実は、この前妻さんの言葉
「ダメだと思ったらすぐに引きゃあいいんだ」
「引くのが下手な人は、人生うまくいかないもんだ」

たまに会って近況報告をすると、
彼女の経験した戦後のたくましい生き様を聞かされ、
そして心にぐっとくる言葉をさりげなく聞かせてくれる
私の人生の決断に、
その言葉の数々はかなりの影響力を持つ

お母さん、カッコイイよ
粋な人生歩んできたんだね

いただいた電話で申し訳なかったけど、
今までの感謝の気持ちを、言ってみた
「お母さん、私ね お母さんの言葉で決断してきたんだよ
ありがとう!感謝してるの、とっても」

「そうかい、そりゃ良かった
私はね、あんたが好きなの あんたは度胸があるからね」

好きって言われて、なんだか、涙がたくさん出た
幸せだなぁ 
私の人生に、こんなに素敵な人が関わっている
「私も、お母さん 大好き」 と言うと
「そうかい、そうかい」 と笑っていた

90歳のお母さん
まだ、聞きたい話や言ってほしい言葉がたくさんある
たくさん、会っておかなくちゃ
時間は待ってくれないから 
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-11-10 09:59 | 感謝する

叔父さん

茨城と東京に叔父がいる。
痩せてる叔父と太っている叔父で、
小さいころから、やせおじちゃんとでぶおじちゃん
なんて呼んでいた。(失礼な姪だこと・・・)

二人とも優しくて、小さいころから可愛がってくれた。
特にやせおじちゃんは感性が近いというか、
心のどこかでいつも繋がりあっている感じがする。

18才で父を亡くした私にとって、今はやせおじちゃんが
お父さんのよう。

昨日、電話が来た。
「お前の声が聞きたくなってさ~」

最後に会ったのは5月。10年ぶりだった。
別れ際、「今度、いつ会えるかなぁ。寂しいよ~」って
ぎゅ~っと抱き付いてきた。
その姿を見ていた娘たちが、子供に戻っている私に
驚いていた気がする。
長女は、「ママ、おじちゃん好きなんだね」ってなぜか泣いていた。

昨日は母の事や仕事の事、いろいろと話した。
そして、叔父はこう言った。

「人は一人では生きていけない。
 自分ができないことは、助けてくれる人を探し素直に助けてもらえ。」

「いろんなことをごちゃごちゃと考えることはない。
 お前の人生なんだから、お前の思うように進みなさい。」

自分の会社を潰しちゃったり、結婚を3回もしちゃったり
波乱万丈な人生を送る71歳のおじちゃんの言うことは
心に響くな~。

過去にこんなことを言ってくれた親戚の88歳のおばあちゃんもいる。

「動きなさい。やってみなけりゃわからない!」

若い人が言うのとは重みが違うよね。
経験から出てくる言葉ってすごいと思う。

身内にそういう人がいるって、ありがたいなぁ(*^_^*)
私もそういうことが言える年寄りになろう。

遠く離れて暮らしていると、
生きている間に、あと何回会えるのだろうか・・・と考える。
好きな人には、たくさん会っておかなくちゃだめだよね。

おじちゃんに会いたいよ~(^◇^)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-10-15 07:43 | 感謝する

夏休みの終わりに

友達から
「トマト食べない?」とメールが来た。

「食べる~!!」と返信したら、
中学一年の息子が
「はい、トマト」と届けに来てくれた。

b0233838_22504874.jpg

うちの庭で育った「アイコ」も一緒にざるに入れ、
冷やしトマトに。

甘いよ~(^◇^) 美味しいよ~(^◇^)
あ~幸せだ♥
トマトソースを作ろうかと思ったけど、全部、食べちゃいそう!!

松本に住む幼なじみから突然、電話が来た。
「今日、そっちにお墓参りに行くの!」
わ~嬉しい!!
三歳になる息子に会える♥
私の友達の子の中で、最年少だ。

友達のお姉ちゃんと、その飼い犬2匹も
一緒にやってきた!!
b0233838_22592665.jpg

公園をみんなで散歩した(*^▽^*)
あ~幸せだ♥

これで、子供たちの宿題が終わっていたのなら
もっと、幸せなんだけど(-_-;)

さて、明日は近所の子供たちがうちに集まって
「宿題終わらせ会」
一人でも多くの子が、最後までたどり着けますように!

最初からあきらめるな!! 部活のせいにするな!!
活を入れましょ♪
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-08-17 22:56 | 感謝する

浴衣

着物で生活するのを夢見るもりりんでございますが、
実は、普段着を持っていないのであります(泣)

訪問着や紋付は持っておりますが、それで日常の生活は
できないですもんね (T_T)

だから、夏が来ると嬉しいの(^O^)
だって、浴衣はお下がりも含めたら5枚持ってる!!

着物ってすごいんですよ! まず襟足があいているから
汗ばんでいても気にならない!
わきの下があいているから、けっこう涼しい!
そして、腰痛持ちの私には
帯が腰を支えてくれるから楽に過ごせるの♥

日曜日は一日中、浴衣で過ごしました。
たすき掛けで、掃除機もかけたし洗濯もした。
食事の用意や片付けももちろん。

気が付けば、次女も朝から夕方の習い事までずっと浴衣。
この時期は、次女の浴衣も衣桁に掛けっぱなしになります。
学校から帰ってきたら、浴衣に着替えたりするものですから・・・
(仕事から帰ってきたら着物に着替える波平さんみたいでしょ(笑))
だって、半幅帯なら私より上手に結んじゃいます(;^ω^)
b0233838_2329078.jpg

浴衣姿でLEGOに夢中。
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-07-23 07:59 | 感謝する

ミスド

日曜の夕方、
部活から帰ってきた長女の携帯に小学校時代の同級生からメール。

「勉強、教えて~ 今週 期末テストだから・・・」と。

二学期制の中高一貫校に入った長女は、
中間テストが終わって一息ついたところ。

ジャージから普段着に着替えて、自転車でミスドに向かった。


先日、新しいお友達とメールでちょっとトラブルがあって落ち込んでいた。
平気な顔をしていても、環境が変わってから緊張の連続なんだろうし、
時間の使い方もまだ上手にできていない。

そんな時、楽しい小学校時代を共に過ごした友達からの呼び出しは
きっとすごく嬉しかっただろう♥

でも、どうせミスド。
食べて、おしゃべりして、勉強なんてできないだろうと思っていたら
「ちゃ~んと数学やってきたよ!」と。
ほ~ エライじゃん(*^_^*)

ママはよく検定試験の前に友達が泊りに来て勉強したなぁ。
狭い部屋に、何人も集まって
最後まで寝ずに勉強した子が落ちて
一番先に寝た子が受かって(;^ω^)

青春、真っ盛りだね~ (*^_^*)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-25 08:35 | 感謝する

人は悩み、苦しむ生き物。

失敗しちゃったなぁとか、どう動けばいいかわからない・・とか、
あ~つらい、とにかく今、この状況がつらい・・とかね。

私もそうだったのだけど、
優しい手で「よしよし」と頭を撫でてもらうと、すぅっと落ち着いた。

それは、
実際に触れてくれるあたたかい手であったり、
心の中の大きな手であったりするのだけれど。

自己肯定感を失ったとき、人は苦しむ。
できない自分に嫌気がさし、
人と比べ、自分はダメなヤツだったのだと責める。
そこには足枷をはめて動けなくなった自分が、
ゆっくりと泥沼に沈んでいく姿が見える。
もがこうとするパワーも残っていない。
誰かが無理に引っ張り上げようとすると、きっと壊れる。

そんな時に、ただ「よしよし」と撫でてくれる手があれば、
あぁ、私は「わたし」でいいのだ
もう一度、歩き出してみよう
そう感じることができる。

私には「よしよし」と撫でてくれる「手」があった。 
よかった。

私もそんな「手」を持つ人間でありたい。
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-14 11:37 | 感謝する

入学式

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by powerfulmoririn | 2013-04-09 08:49 | 感謝する
いつも私より遅く起きてくる子供たち。
今朝は私が愛犬を抱いて寝室を出ると、すでに二人とも起きていた。

次女は、「今日は児童館に遊びに行くから、お弁当を作ってるよ!サンドイッチ!!」
「ママの分も作ってあげるから、職場に持って行って~」
なんと、まあ ありがたい(*^▽^*)


長女は、これから通う中学校への道順確認に出かける準備をしていた。
「JR代、ちょうだい! 7:25のJRに乗るの!」
来週から毎日この時間に登校するんだね~

JRを降りたら学校までは約30分歩くのですが、
バスに乗らず、とりあえず歩いて往復しまたJRに乗って帰ってくるとのこと。
朝が苦手な長女にしては、かなりの進歩♪(*^▽^*)

二人とも確実に前に進んでおります。
さて、母も負けていられない。

とりあえず、洗濯物干して仕事いこ(;^ω^)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-04-01 08:01 | 感謝する

お疲れ様でした!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by powerfulmoririn | 2013-03-26 01:27 | 感謝する

写真撮影

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by powerfulmoririn | 2013-03-25 07:41 | 感謝する