もりりんの子育て日記


by powerfulmoririn

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ともだちはいいもんだ


  友だちはいいもんだ 目と目でものが言えるんだ
  困ったときは 力を貸そう 遠慮はいらない
  いつでも どこでも 君を見てるよ
  愛を心に君とあるこう
  みんなは一人のために 一人はみんなのために
  みんなは一人のために 一人のために

長女が学芸会で演じた
「ユタと不思議な仲間たち」の挿入歌。

先日、親友からメールが来た。 
車で2時間くらいの距離だけど、なかなか会えないでいた。
メールには、子供のことで色々と悩んだことや近況が綴られていたが、
その行間から、苦悩とつらい日々が読んでとれた。

何を言っても当事者にしかわからない気持ちがあるだろうし、
一時の無責任な慰めの言葉は今、彼女には不要なはずだ。
友達として何ができるだろうと考えた。
そして、夕方6時。思い立って車を走らせた。
久しぶりに来た友人宅は、周りの景色が変わり見つけられなかった。
近くまで来ていることを知らせず電話を入れたら、一人でテレビを見ていたようだ。
「もりりん、道に迷っちゃったよ~。」「はっ?今どこ?」
寒い中、私の車まで走ってきた彼女の顔はやつれていた。
家に入って、まず抱きしめた。
そのうち、夫や子供も帰ってきた。また抱きしめた。
二時間半、お互いの近況を話して、そして帰ってきた。
きっと、私には彼女を支えられないだろう。
だから、何もできないけど、どんな時も応援しているし、祈っているよ!
そんな気持ちを込めて抱きしめてきた。

でも、むしろ、彼女と彼女の家族が私を包み込んでくれたような気がする。
彼女達はいつもそうだ。
私という人間をいつも丸ごと包んでくれる。
人は、時間の経過とともに変わらざるを得ない時がある。
私も、少なからずそういう時を経て、昔のもりりんではなくなってきているだろう。
それでも、彼女はすべてわかっているよという目で私を見る。
受け止めるつもりが、受け止められて帰ってきた。
そう、けっきょく私が彼女に会いたかったんだ。

ありがとう。

往復4時間の道のり。
仕事のことも、自分の家族のことも忘れ、ただひたすらに友を思った時間は
私のかけがえのない時間となった。

ともだちはいいもんだ。 本当にいいもんだ。





  
[PR]
by powerfulmoririn | 2012-11-26 15:05 | 感謝する

お疲れさん

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by powerfulmoririn | 2012-11-15 18:13 | いただく
b0233838_8593961.jpg


久しぶりに一冊通読した。
仕事で講座出席のために乗った電車。
いつもは仕事の資料を見たり、うとうと眠っちゃうことが多いのですが、
久しぶりに読み切った満足感もあって、結構面白かったなぁと帰ってきたわけです。
でも、amazonの評価は低いですね。
ハーバード、白熱、とくれば、
マイケルサンデル教授の本をすぐに思い浮かべてしまうからなのかな。

理系の学生だった筆者が留学先でハーバードのサマースクールに参加し
日本史を学んだらすごく違和感を感じた。
自分がハーバードの先生になって後、その違和感を失くそうと作った授業が
ハーバードの学生たちに受け入れられ、大人気となった。
簡単に言えばそんな話。
海外で活躍する日本人女性のサクセスストーリーなわけです。

筆者は最後にこう言っています。
研究者には鳥とカエルがいる。
鳥のように高い視点から物事を描き出すタイプと、
深く掘り下げて新しい発見にたどり着くカエルのタイプ。
自分は鳥のタイプである。 モネの絵画のように全体のインプレッションに訴えかける
「印象派の歴史学」を作っていきたいと。
いいですよね、その感覚。
海外の学生が日本史を学ぶのはそれでOKだと思います。
日本人だって自分の国のことよくわかっていない人が多い。
それなら同じように、印象派で観ていけばよいと思うのです。
好きな部分(時代)があれば地上に降りてカエルになればよいのですから。

私は絵画でいうなら写実絵画の方が好きですが、
生きていくうえで身につけておくと良い感覚というのは、
「印象派」「鳥」の方が得なのかな~
そんなことを、この本を読みながら思いました058.gif
[PR]
by powerfulmoririn | 2012-11-08 09:13 | 読む、観る

秋の味覚

b0233838_9131893.jpg


三味線の大先生(家元のおばあちゃん)から、栗をたくさんいただいた。

たまに中から出てくる虫さんと闘いながら、一生懸命剥いて栗ご飯を炊いた。

塩麹を入れて炊いて、私なりには美味しくできた。

しかし、次女が「美味しくない!」という・・・。

「だって、甘くないもん。」

そうかぁ・・・たまに甘露煮の栗を入れた炊き込みご飯を作るから、それと比べているのか。

ダメだねぇ、ちゃんと本物の味を教えておかなくちゃ。

でも、残りの栗は甘露煮にしちゃった(^_^;)
[PR]
by powerfulmoririn | 2012-11-06 09:19 | つくる

手前味噌の出来栄え

b0233838_1010011.jpg


美味しいよ、美味しんですが、
う~ん・・・何かが足りない・・・013.gif

まあ、一年目だしね。 
今年仕込む味噌はもっと美味しくなりますように・・・。
[PR]
by powerfulmoririn | 2012-11-04 10:13 | つくる