もりりんの子育て日記


by powerfulmoririn

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ミスド

日曜の夕方、
部活から帰ってきた長女の携帯に小学校時代の同級生からメール。

「勉強、教えて~ 今週 期末テストだから・・・」と。

二学期制の中高一貫校に入った長女は、
中間テストが終わって一息ついたところ。

ジャージから普段着に着替えて、自転車でミスドに向かった。


先日、新しいお友達とメールでちょっとトラブルがあって落ち込んでいた。
平気な顔をしていても、環境が変わってから緊張の連続なんだろうし、
時間の使い方もまだ上手にできていない。

そんな時、楽しい小学校時代を共に過ごした友達からの呼び出しは
きっとすごく嬉しかっただろう♥

でも、どうせミスド。
食べて、おしゃべりして、勉強なんてできないだろうと思っていたら
「ちゃ~んと数学やってきたよ!」と。
ほ~ エライじゃん(*^_^*)

ママはよく検定試験の前に友達が泊りに来て勉強したなぁ。
狭い部屋に、何人も集まって
最後まで寝ずに勉強した子が落ちて
一番先に寝た子が受かって(;^ω^)

青春、真っ盛りだね~ (*^_^*)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-25 08:35 | 感謝する

お義母さん

お義母さんは認知症。
まだそんなに高齢ではないのだけど、施設に入居している。

6年前のある日、
土足で家に入るようになった。
炊飯ジャーの釜が布団の中にあった。
夜中、お盆をわきに抱えて「学校に行ってきま~す!」と家を飛び出した。

当時、幼い娘たちを育てながら母を看る生活はとても大変で、
ケアマネジャーの勧めで施設に入居させてもらった。

それから6年。
片道1時間かかる施設へ一週おきに通っている。
一時、回復したなぁと思えるときもあったのだけど、
今は6年前と変わらない状況。

昨日、施設から「熱が出て、点滴をしています。」と連絡があり
今日は様子を見に行ってきた。
いつも一緒に行く次女の姿が見えないことすら気づかないし、
長女の話をしても、7人いる孫のどの子の話かわからない様子。

お義母さんのオムツを覗くと、床ずれの傷から少し出血していた。
傷の手当てについて施設の人と話し、
あとはお義母さんの話をとにかく聞くことに時間を費やした。

ベッドの中で母は言う。

「くじに当たったんだよ。」
施設の中で、くじをしたって?そりゃ初耳だ(;^ω^)

「私、300万円 当たったんだから!」
あら、じゃあくれるのは半分でいいよ(笑)

「それがさ~、こたつの下に入れてたら盗まれちゃった・・」
この暑い日にこたつは置いていないでしょう(*_*;

おもしろい♪ どんな思考回路でこの話は出来上がるのだろう?

でも、そんな話を「うん、うん」と聞いてあげていると、
声が弾んでくる。 笑顔も出てくる。
否定せずとにかく聞いてあげることは、その人にとってとても嬉しいことなのだ。

帰り際、部屋を出ようとしたとき、
「私は、1-1だからね。」と・・・。
「ちゃんと忘れないでね。」と・・・。
一年一組のことでしょうか (*^_^*)
お義母さん、今 小学生に戻ってる?
それとも中学生かな?
どちらにしても、お義母さんの笑顔はとても良かった。

家族がバラバラに動き出した今、
休日にゆっくりとそばにいてあげることもつらくなってきた。
お義母さん、家に連れて帰ろうかな・・・そう思った。
もっと聞いてあげればよかったと
後悔はしたくないもんなぁ。

一人暮らしの実家の母も、最近調子が悪い。
歩くのがつらくなってきて、外に出なくなってきた。
これは危険だ (ー_ー)

子供も思春期の危うい時期に入ってきた。
さてさて、親の問題、子の問題。 
もりりん、どう動きましょうか(>_<)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-23 22:51 | 考える

幸せな時間

私の幸せを感じる時間ってどんな時だろう?

家族そろってご飯を食べているとき

愛犬が丸くなって私のおなかにくっついて寝てるとき

子供と過ごしているとき

自分の子供や他の子が笑っているとき

自分の大好きな人と会っているとき

好きな人と話していて共鳴しあったとき

読みたかった本を読んでいるとき

興味のあったことと読んだ本が繋がったとき

家族と旅行に行ったとき

一人で旅行に行ったとき

旅先にあった何かと、自分の心に中にあるものが繋がったとき

旅先で美味しいものに出会ったとき

古いものに触れたとき

空の青が私の好きな青色になっているとき

山の緑が私の好きな緑色になっているとき

誰かの前で自分の意見を言えたとき

洗濯ものをたたんでいるとき

自然の音を聞いたとき

急かされていないとき

時間を気にせず本屋にいられるとき

お礼を言われたとき

上手に着物を着たとき

矢が的に当たったとき

眠りにつく少し前のウトウトしたとき

まだまだいっぱいあるけど、

キーワードは、家族、好きな人、旅、自然、そして・・・本 かしらね。

   (1)こころ穏やかに、ご機嫌に暮らす
   (2)心乱れて、心配や不安の中で暮らす

   同じ時間を生きるなら、(1)がいいなあ。

私の好きな人がそうメールで言ってくれたから
私も(1)を採用しよう(*^▽^*)

明日死ぬかもしれない・・と思って生きたら、
そのキーワードを大切に、大切に生きていくと思う。
だから、明日死ぬかもしれないと思って過ごしてみよう
そう思ったもりりんです。
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-22 08:39 | 考える

掃除

日曜日、
AM6:30、部活に向かう長女のお弁当を作った。
AM7:20、行ってきますと長女が家を出た。
AM7:30、キッチンの大掃除を始めた。

使いきれず残ったままの調味料。
買ってみたけど、好きじゃなかったふりかけ。

食洗器に対応したお椀も、10年近く毎日洗えばもう寿命。
ハム太郎の子供用食器。
お友達が集まったら使っていた15人分のIKEAの子供用プラコップ。
戸棚の奥にしまったままの、いただきものの食器。
幼稚園から使っているお弁当袋、手拭きのふきんもボロボロだ。

思い出・・なんて言っている場合じゃない。
使わないものをとにかくゴミ袋に捨てた。

食洗器用の食器はもうやめよう。
箱に入った立派な会津塗りのお椀を見て思った。
お客さん用に~なんてしまっておいても、
年に何度そういうお客さんが来るのだ?
良いものこそ、自分たちで使わなきゃ。

次女がコップをとるたびに手が届かないと踏み台を使っていたな。
よし、こっちに入れよう。

朝、コーヒーを落とすとき、ここに豆があれば出しやすいよな。
料理の最中、皿はこっちの引き出しに入れたほうがすぐ出せるぞ。
スプーンはこっちに入れて、
調味料はこっちに、ランチョンマットはあっちに・・・
あ~、止まらない。

終わってみればPM6:00
結局、途中で電気店に行った一時間を抜いて
10時間キッチン掃除をしてしまった(;^ω^)

実はストレスが極限に達すると、掃除したくなる人。
気持ちが内に向けば向くほど、家のことをしたくなる。

ここ一年、家族そろってゆっくりと夕食をとれるのは土曜の夜のみ。
夕食後は、録画していた大河ドラマと宇宙戦艦ヤマトを子供たちと観る。
どんなに忙しくても、一時間半同じものを見て座っている事が大切。

歴史好きな長女は大河ドラマが終わると、よくしゃべる。
歴史の本を出してきて、私の知らないことを教えてくれる。
日常の会話がなかなかできないほどバラバラな生活になってきたので
この時間は大切だ。

手に馴染む食器でゆっくりと食べ、一週間の出来事をお互いに報告。
来週の予定も確認しなきゃね。
その為の心地よい空間を作ることに専念した10時間。

明日やろう、いつかやろうを やめよう。
一日一日、その日を限りと思い、
自分の心が望むことをやりきってみよう。
きっとそれが自分の幸せ。 自分が幸せなら子供にも伝染するはず。

掃除の途中、裏のおじさんが「しゃくやく」を持ってきてくれた。
b0233838_8131328.jpg

嬉しいことに毎年くれる。今年もキレイだ~(*^▽^*)
まるでご褒美をもらった気分。

夜中に眠たい目をこすりながら学校ジャージを洗濯している長女のため、
この次は洗濯器周辺を使いやすくしてみようかな。
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-17 07:46 | 考える

人は悩み、苦しむ生き物。

失敗しちゃったなぁとか、どう動けばいいかわからない・・とか、
あ~つらい、とにかく今、この状況がつらい・・とかね。

私もそうだったのだけど、
優しい手で「よしよし」と頭を撫でてもらうと、すぅっと落ち着いた。

それは、
実際に触れてくれるあたたかい手であったり、
心の中の大きな手であったりするのだけれど。

自己肯定感を失ったとき、人は苦しむ。
できない自分に嫌気がさし、
人と比べ、自分はダメなヤツだったのだと責める。
そこには足枷をはめて動けなくなった自分が、
ゆっくりと泥沼に沈んでいく姿が見える。
もがこうとするパワーも残っていない。
誰かが無理に引っ張り上げようとすると、きっと壊れる。

そんな時に、ただ「よしよし」と撫でてくれる手があれば、
あぁ、私は「わたし」でいいのだ
もう一度、歩き出してみよう
そう感じることができる。

私には「よしよし」と撫でてくれる「手」があった。 
よかった。

私もそんな「手」を持つ人間でありたい。
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-14 11:37 | 感謝する

誕生日プレゼント

運動会のリレー
次の走者とぶつかり転んだ次女は大泣きし、ひざやらひじやら絆創膏だらけ。
またも自分のチームは負けという悔しい結果に終りました。

姉も卒業し、なんだかいま一つ気持ちの乗り切れない運動会ではありましたが、
運命走でラッキーな札を引き嬉しそうに一位のテープを切った姿は、
とても幸せそうな次女でした(*^_^*)
(たしか、練習時は運命走で転んでひざに大きな絆創膏を貼っていたが・・・)

運動会が終わるまでと、
誕生日のプレゼントやパーティー(手巻き寿司を食べるだけですが(笑))を、
先延ばしにしてきましたが、今週やっと次女は希望通りのプレゼントを
手にすることができました!

b0233838_91894.jpg

LEGOの「消防署」
はしご車と救急車は一台ずつ持っていたのですが、今回は建物が欲しいとの希望。
他の車両も付いてきましたので、このように迫力ある消防体制が整いました!
屋上のヘリポートでは、消防署長(?)が敬礼をしています。
b0233838_9222074.jpg

裏側から中をのぞくと、消防士たちが休憩している姿も見えます。
b0233838_9244452.jpg

一階では、モニターに見入る人が・・・ 通信指令室ですね!
b0233838_9253493.jpg


クリスマスには、女の子向けのLEGOフレンズシリーズから
カントリークラブハウスを買ってもらう予定だそうです。
b0233838_935476.jpg

きっと、ここで火事が怒ったという設定で消防車を出動させ・・・と、
頭の中ではストーリーが出来上がっていることでしょう(笑)

組み立てに手と頭を使い、想像力でストーリー性を持たせる。
良い遊びですね!というか、趣味ですね、これは。
母は、置き場所を考えるのに頭を使いますけれど(笑)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-12 09:08 | つくる

うど

先日、裏に住むおじさんから「うど」をいただいた。
嬉しいなぁ♥
いつもワンパターンだけど、早速、酢味噌和えにした。
皮は、たっぷりすりゴマを入れてきんぴらにした。
美味しいなぁ♥
b0233838_21155691.jpg

「そば焼酎 奈川」で、いい気分。
はぁ・・・(*^_^*) いい気分♥
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-06 21:16 | いただく

魔王

長女が夕食を食べながら学校の話をしていました。

「今日、音楽の時間で『魔王』を朗読したよ。」

みんな中学生の時、習いましたねぇ。
『坊や なぜ顔を隠すか
お父さんそこに見えないの 魔王が居る 怖いよ』
っていうやつです。

そんな長女の向かい側で、次女が『魔王』を歌い始めました。(一本調子の棒読みですが)
お!小学4年生の次女も知っているとはっ いつの間に!
しかし、なんだか歌詞が違う。

「私は魔王、僕は魔王、
一万円近くもするんだよ~ でっかいお酒よりも高いんだよ~
こまかく言えば、9875円だよ~ でも、違っているかもしれないよ~」

・・・・(-_-;)それって・・・鹿児島の芋焼酎『魔王』のことですか・・・

夫がクラス会で鹿児島に行ったとき、北海道では高くてね~なんて話を
したら同級生が後日送ってくれたんです。
それを次女が覚えていて、先日買い物に行った際に値段を見てきたという話。
「でっかいお酒」というのは、近くにあった一升瓶の日本酒のことで、
それよりも小さい瓶の『魔王』の方が高かったということに驚いた次女。
しかも、値段の記憶ははっきりしていないため、違っているかもしれないよ~
と締めくくられたわけです(;^ω^)

それ、ブログネタにもらうわ♪といったところ、
「え~やめて~ヴァイオリンの先生に読まれたら恥ずかしい・・」ですって(^^)
いまさら、恥ずかしいも何もねぇ・・・
あなたのキャラはみんな知っていますから(笑)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-04 08:38 | いただく
b0233838_7584725.jpg


松本市出身の中嶋嶺雄さん、2011年の著書

「国際教養大学」の学長、「鈴木メソード」の会長であった人です。
今年の2月にお亡くなりになりました。

以前、幼なじみに会いに松本へ出かけた際に購入した本です。
帰りの飛行機で、一気読みしました。

大学を卒業しても就職ができない時代がきたと実感させられたのは
何年前のことだったでしょうか。
そんな中、卒業生の就職率100%!(※2007年度、2009年度の実績)
「国際教養大学」(秋田市)を作り上げた中嶋さんの
「教育論」について書かれた本です。

家庭教育の重要性
幼児教育から始める情操教育
異文化教育の必要性
などが、歯切れの良い文章で書かれており、読みやすく説得力もあります。

私は松本が大好きなんですよ~ ここに住みたいと思ったくらいに。
好きな場所ができたら、そこ出身の方の本を読んでみるというのも
なかなか良いものです。すっと入り込めるんですよね。

そうそう、この大学は全寮制なんですが、図書館が24時間開放されているんです。
知りたい、調べたいという気持ちは、昼間だけではないですもんね。
いいですね~そんな環境♪

先日、私の本棚から長女がこの本を持っていきました。
さて、どの程度読める(理解できる)でしょうか(笑)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-06-03 08:42 | 読む、観る