もりりんの子育て日記


by powerfulmoririn

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

叔父さん

茨城と東京に叔父がいる。
痩せてる叔父と太っている叔父で、
小さいころから、やせおじちゃんとでぶおじちゃん
なんて呼んでいた。(失礼な姪だこと・・・)

二人とも優しくて、小さいころから可愛がってくれた。
特にやせおじちゃんは感性が近いというか、
心のどこかでいつも繋がりあっている感じがする。

18才で父を亡くした私にとって、今はやせおじちゃんが
お父さんのよう。

昨日、電話が来た。
「お前の声が聞きたくなってさ~」

最後に会ったのは5月。10年ぶりだった。
別れ際、「今度、いつ会えるかなぁ。寂しいよ~」って
ぎゅ~っと抱き付いてきた。
その姿を見ていた娘たちが、子供に戻っている私に
驚いていた気がする。
長女は、「ママ、おじちゃん好きなんだね」ってなぜか泣いていた。

昨日は母の事や仕事の事、いろいろと話した。
そして、叔父はこう言った。

「人は一人では生きていけない。
 自分ができないことは、助けてくれる人を探し素直に助けてもらえ。」

「いろんなことをごちゃごちゃと考えることはない。
 お前の人生なんだから、お前の思うように進みなさい。」

自分の会社を潰しちゃったり、結婚を3回もしちゃったり
波乱万丈な人生を送る71歳のおじちゃんの言うことは
心に響くな~。

過去にこんなことを言ってくれた親戚の88歳のおばあちゃんもいる。

「動きなさい。やってみなけりゃわからない!」

若い人が言うのとは重みが違うよね。
経験から出てくる言葉ってすごいと思う。

身内にそういう人がいるって、ありがたいなぁ(*^_^*)
私もそういうことが言える年寄りになろう。

遠く離れて暮らしていると、
生きている間に、あと何回会えるのだろうか・・・と考える。
好きな人には、たくさん会っておかなくちゃだめだよね。

おじちゃんに会いたいよ~(^◇^)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-10-15 07:43 | 感謝する

家庭的?

よく顔が似ていると言われる友達Aちゃんがいる。
先日、彼女の親に数年ぶりに会ったら
「ほんと、似てるわね~」と言われたので、
やはり似ているんだろう(笑)

高校入学時に、
「もりりんに似てる子いるよ~ 隣のクラス覗いてごらん!」
なんてことを言われ気になっていたが、
翌年、めでたく同じクラスとなり付き合いは今でも続く。

20歳代のはじめ、一時期、同じ職場にいたことがあった。
上司との他愛無い会話の中で、
「顔は似てるけど、タイプは全く別だね。」と言われた。
そして、彼はこう付け足した。
「恋人にするならもりりんで、結婚するならAちゃんだな。」
今、職場でそんな発言をしたら大問題だ。
バブルの頃は、ほんとにとんでもないことを言うオヤジがいたもんだ(笑)

私はきっと笑顔で
「え~、どうしてですかぁ?」なんて聞いたんだと思う。
答えは・・・「もりりん、家庭的な感じがしないから!」だった。

私は軽くショックを受け、少しばかり傷ついたと思う。

よく飲みに連れて行ってくれたし、何度かゴルフもご一緒した。
上司と部下として相性は良かったと思う。
とても可愛がってもらった。

もう、60歳代後半か70歳代になっているだろうか。
お歳を召した上司は、今の私を見ても同じく思うだろうか?

Aちゃんと同じく女の子を二人育て、さほど変わらない生活を
しておりますが、いかがでしょうか?(笑)
アイロンがけをしながら、ふとそんなことを思い出した。

いや、でも、どんどん外に出たがるし、
やりたいことは山ほどある。

先日、夫とこれからの人生について
「こ~んなことや、あ~んなこと、してみたいんだぁ!」
と話していたら、
「お前はとことん家庭に収まっていたくないタイプなんだね。」
とも言われた。

彼の言っていたことは、こういう意味だったのか?
まっ、いっか。
深く考えるのはよそう!
人生は一度きりなんだから(*^▽^*)
[PR]
by powerfulmoririn | 2013-10-09 11:46 | 考える